高額査定のつきやすい着物の特徴

kinono3

買取で査定価格が高くなりやすい着物の特徴としては有名な産地物だったり、伝統工芸品、著名な作家が手掛けた作品、アンティークの着物などです。こういった着物は元々の価値が高いですし、需要も多いということもあり高値で売買されることが少なくありません。本当に価値のあるものですと100万円以上もの高額査定になることもあります。

反対に価値が付き難いのはリーズナブルな価格で販売されている着物です。買取すらされないこともありますし、売れる場合でも二束三文の結果になることが殆どです。
サイズ直しをしていない着物も価値があります。着る人によってサイズを直さなければならないことがありますが、すでにサイズが小さかったりすると着用できる人が限られてしまいます。ですから十分なサイズが残っていれば使い勝手が良いと判断されますし、査定価格も良くなる傾向があるのです。ただし、サイズが小さい場合でも子供用などとして買取をしてくれることもありますので、すでにお直しをしている状態でも査定に出してみる価値はあると言えるでしょう。

kimono5

付属品が揃っているかどうかも価格を左右するポイントですが、特に証紙の有無は価格に影響することがあるようです。証紙は登録商標のことであり、織り元を確認する為の大切な存在です。証紙がしっかりと揃っていることによって価値を証明することができますし、買取価格も跳ね上がるようなことがあります。ですから査定の際には欠かさずに出すべき存在と言えます。その他にもセットで購入した帯だったり、収納箱などがあるとプラス評価になることがありますので、そういった付属品に関してもきちんと用意しておくことが望ましいです。

買取をしてもらった着物は売り物になりますのでコンディションが良い場合ですと高額査定に繋がります。ですから虫喰いや色褪せ、シミなどがないようなら査定価格もアップしますし、日頃から大切に管理して良いコンディションで売れるようにしておくことが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>